切取図書館

自分に都合の良い事だけを切り取るクソ図書館

ミッフィーについてまとめてみた.icganeki

皆様、こんにちは。遊戯王に新ルールが加わるそうですね。あちらこちらで阿鼻叫喚の声が響いています。カードゲームはやらないので何が起こっているのか全くわかりませんが。

さて、本日は図書館の方で何のイベントも起きなかったので、更新も特にやらなくていいかな、と思いましたが、暇なのでブログの方を更新します。

(私の一日は6:00〜5:59刻みです)

先程、ミッフィーの生みの親であるディック・ブルーナ氏の訃報が届きました。私と懇意のある様々な図書館でも、ミッフィーの絵本は必ずあります。

ブルーナ氏と繋がりの無い私が、「悲しい」「残念」と宣うのは不自然なので、ここはご冥福を祈るのみにしておきます。ただし、ミッフィーを生み出したことにより、数多くの子供達への読書教育に繋がった事には、感謝の意を表明します。



本日はミッフィーについて語ろうかと思います。たまには、図書館らしい記事を書いてみたいですね。

それでは、ミッフィーについて。



f:id:krtjinbei:20170218002023j:plain

ミッフィーは本名をナインチェ・プラウスと言います。ミッフィーは日本で生まれた名前だそうです。

また、絵本で有名な福音館書店からの翻訳などでは、「うさこちゃん」と呼んだり、そのまま本名で呼ぶこともあるそうです。

特徴的なのがその顔。豆粒のような目に、バッテンの口(実際には鼻と吻)。シンプルなそのデザインは、子供達にも描ける優しいものとなっていますね。



f:id:krtjinbei:20170218001858j:plain

画像がおかしい?気のせいでしょう。

日本で知られているミッフィーと言えば、やはりアニメのミッフィーでしょう。

その中でも、特に記憶に残るのが、その声です。

子供が囁いているようで、今にも消えてしまいそうな儚げな声は、一度聞いたら忘れられないでしょう。

その囁く声だからこそ、子供達も安心して聴くことができるのでしょうね。



f:id:krtjinbei:20170218002314j:plain

えー、そんなICG姉貴ですが、本人は「作っている声」と言っています。

ところが、地の声を聴いてみましたが、私には違いがわかりませんでした。

ICG姉貴に与えられている設定の一つに、「病弱」がありますが、まさにそんな感じでした。まるで、病室のベッドの上で夜中にこっそり録音している、そのようなイメージが頭に浮かびました。

もしくは、「病弱なお嬢様」という設定もあるそうです。辿々しく喋る様が、どこか世間擦れしたような印象を受けるのでしょうか。そうやって聴いてみると、確かにそんな感じもします。多少ですが。

今では静画などで、病弱な女の子、純朴なお嬢様をイメージとした絵が沢山投稿されています。


その印象をより強めたのが、ALC一派の仕業だと思います。

ALC一派とは、クッキー☆においてアリスの声を担当した

HNS姉貴

・TIS姉貴

・SKRNBU姉貴

・JGN

・ICG姉貴

の5人のことを指します。最近では、TIS姉貴はパチュリーのイメージが強いせいか、作品によっては除外される事もよく見かけます。


このALC一派、アリスというだけあって、原作のアリス・マーガトロイドのようなものだろうな、

と思ったら、大間違いです。

その実態は、ほぼ危険集団。

HNS姉貴は、本編の中盤に出てくる挿絵が、少しホラーめいていたせいで、岩石を扱う闇堕ちサイコキラー

SKRNBU姉貴は、本編をMMD化した際、アリスのモデルがガッシリしていたため、刃牙を彷彿させる大柄な筋肉質の女

JGNは、本当の声優はテレサ姉貴。だけど、本編で唯一面白かったシーンのアリスが、前髪で目を隠していたため、銃の扱いに長けた女版次元

などなど、暗殺チームでは無いのかと疑いたくなる面々。クッキー☆でのALCの認識は、格ゲーで言う強キャラになってしまいました。

一方で、病弱そうな声のICG姉貴。危険思想で飽和状態のALC一派に、クッキー☆ファンも「このままでは不味い」と思ったのでしょうか。

最後の良識、と言わんばかりに、ICG姉貴の病弱設定をバックアップしました。

そして、ICG姉貴は、ALC一派では珍しい、スポーツ万能だけど病弱なお嬢様。果てには、絵本の擬人化という、とても優しいキャラになりました。



しかし、だがしかし、はコトヤマ氏の漫画作品。ALC一派の呪いは外れないのでしょう。最初こそ、そのような見方が多かったものの、NYN姉貴と絡むようになってから、その設定にさらに加わる設定。

ある時にはメタトンと化し、

ある時には銃を構え、

またある時にはガバガバ物理演算を披露する。

ALC一派はやはり危険集団です。

そもそもの話で、スポーツ万能の病弱という設定に、既に闇の片鱗が見え隠れしていました。だってこれじゃあ、テニスの王子様の幸村精一みたいじゃないっすか!!まあ、実際には、病気に罹ってただけで、病弱では無いんだけど!!




とまあ、色々ありましたが、それでもお嬢様というキャラは未だ残っているようです。幾度となく述べた、危険集団ALC一派の中には、こういう優しいキャラがいて、初めて均衡が取れるのかもしれませんね。

最近では、JGNとICG姉貴のカップリングが目立ってきています。男性的なJGNに、女性的なICG姉貴。特にICG姉貴は、アリスとは別に、茶髪のロングヘアーの女の子という固有イメージも有しています。

されど、二人共女の子。

私、こういうのに弱いんですよ。

名前は挙げませんが、ICG×JGNのカップリングを描いている人の絵が、百合として特に好きな絵柄なので、ますます打ちのめされてしまいます。

「最近のクッキー☆はごちゃごちゃしてわかりづらい」と思っていた去年まで。少し考えを改める必要がありますね。









何の話をしてたか忘れましたが、今日はこの辺で終わりにします。

SRMY姉貴はギャグマンガ日和要因として流行るのか?SZ姉貴はこのまま日の目を浴びることはないのか?JOKER姉貴は流行らない。

この疑問の答えは、あなた達自身で目撃することになるでしょう。

そして、ICG×JGNはもっと増えるべきだし、ICG×NYNも増えるべきです。

では、

f:id:krtjinbei:20170218005356j:plain